家庭用レーザー脱毛器は濃いムダ毛の処理が得意!特徴と適切な使い方を解説

ムダ毛の原因に働きかける!レーザー脱毛器の特徴

ムダ毛の根本的な原因に働きかけるレーザー脱毛器は、高い脱毛効果が期待できます。

安全かつ効果的に使うためには、レーザー脱毛器についての理解を深めることがポイント。

ここでは、ムダ毛を処理する仕組みやメリット・デメリットなど、レーザー脱毛器の特徴について詳しく紹介していきます。レーザー脱毛器を使用するときの参考にしてみましょう!

レーザー脱毛器の仕組みとメリット・デメリット

レーザー脱毛器の脱毛効果が高いのは、毛根の細胞を破壊するからです。レーザーがムダ毛を処理する仕組みについて、まずは押さえておきましょう。

また、使用によるメリットとデメリットを知っておくと、より快適にレーザー脱毛器を使えるようになります。

毛母細胞を破壊!レーザーがムダ毛を処理する仕組み

レーザー脱毛器は、毛が生える原因にダイレクトに働くので、ムダ毛を減らす働きに優れています。

自己処理を何度繰り返してもすぐにムダ毛が生えてくるのは、毛母細胞の働きによるもの。

ムダ毛の再生をすすめる毛母細胞を破壊すると、だんだんと毛量が少なくなり、ムダ毛が目立たなくなるのです。

ムダ毛処理の仕組みはほぼ同じ!フラッシュ脱毛との違い

家庭用脱毛器で、レーザー脱毛器とよく比較されるのがフラッシュ脱毛器ですが、実はムダ毛処理の仕組みはほぼ同じです。

脱毛器の購入を考えたときに、種類選びで迷ってしまうことが多いので、両者の違いについて理解しておきましょう。

レーザーもフラッシュもメラニン色素に反応し、毛根にダメージを与えてムダ毛を処理します。

ムダ毛の原因に直接作用するので、ムダ毛が再生しにくくなるのです。両者ともメカニズムは同じですが、出力の強さに大きな違いがあります。

レーザー脱毛器のほうがメラニン色素に働きかける力が強いので、脱毛効果が短期間で表れると言われています。

剛毛処理に力を発揮!レーザー脱毛器のメリット

レーザー脱毛器の大きなメリットは、濃いムダ毛を処理する力が高いことです。剛毛ほどメラニン色素が濃いのでレーザーが良く反応し、毛根にしっかり働きかけてくれます。

体毛が濃い人にとって、短期間で高い脱毛効果が期待できるおすすめの脱毛器だと言えるでしょう。

産毛や薄い毛には不向き!レーザー脱毛器のデメリット

レーザー脱毛器のデメリットは、産毛や薄い毛に対する効果が期待できないことです。レーザーは、メラニン色素に反応してムダ毛を処理しますが、色素の濃さによって反応の度合いが異なります。

メラニン色素の濃い部分つまり、濃い毛には良く反応しますが、色素の薄い部分への反応は薄めです。全体的にムダ毛が薄い人や、産毛を処理したい人には効果を実感しにくいかもしれません。

短期間でムダ毛をきれいに!レーザー脱毛器の使用に向いている人

高い脱毛効果が期待できるレーザー脱毛器ですが、全ての人にとって使い勝手がよいわけではありません。

ここでは、使用するのに適した人の特徴を挙げていきますので、確認してみましょう。

結果重視!短期間で脱毛したい人

できるだけ短い期間でムダ毛を処理したい人に、レーザー脱毛器はおすすめです。家庭用脱毛器は、フラッシュかレーザーが主流です。

レーザーのほうが、出力が高くムダ毛を処理するパワーが強いので、短期間で結果が出ると言われています。結果を重視する人は、満足度が高いでしょう。

剛毛が悩み!ムダ毛が濃いめの人

剛毛で悩んでいる人にも、レーザー脱毛器はおすすめです。人それぞれ体毛の濃さや量に違いがあるので、適切な脱毛器を選ぶことが脱毛の満足度につながります。

レーザーはメラニン色素が濃い部分、つまりムダ毛が濃い箇所によく反応するので高いムダ毛処理効果が期待できます。ムダ毛が濃い人は、使ってみる価値があるでしょう。

痛くても大丈夫!痛みに強い人

痛みに強い人や我慢できる人は、レーザー脱毛器の使用に向いています。ムダ毛処理の際には、多少の痛みが伴いますが、種類によって痛みの感じ方が違うのです。

レーザー脱毛器は出力が高い分、脱毛時に感じる痛みも強めです。特に、体毛が濃く多い人は、かなり痛むと覚悟しておきましょう。

部分脱毛希望!狭い範囲の使用がメイン

レーザー脱毛器は照射範囲が狭めなので、部分脱毛メインで使用する人におすすめです、面積の広い部分や全身脱毛に使った場合、ムダ毛処理にかなりの時間がかかるでしょう。

ワキやヒゲ、VIOといった部分的に使用するのに適していますが、時間がかかっても効果を重視する人は、レーザー脱毛器を選ぶことも可能です。

唯一のレーザー式家庭用脱毛器「トリア」の特徴と効果を徹底解説

家庭で使用できるレーザー脱毛器を調べてみると、「トリア」というレーザー脱毛器が見つかります。

実は、レーザー式の家庭用脱毛器はトリアしか見つからないことがほとんどです。レーザー式脱毛器を試してみたい人のために、トリアの特徴と効果について詳しく見ていきましょう!

トリアのレーザー脱毛器は2種類から選べる

トリアの脱毛器は2種類あり、主な使い道に合わせて選べます。

トリア・パーソナルレーザー脱毛器4x

クリニックで用いられているダイオードレーザー技術を取り入れたレーザー脱毛器であり、ほぼ全身に使用可能です。

ワキや腕など、気になる部位に使用できるので、家庭でいろいろな箇所を脱毛したい人におすすめです。

レーザー脱毛器・プレジション

トリア・パーソナルレーザー脱毛器4xを小型化した脱毛器です。W3.8cm ×D4.0cm×H17cm と持ちやすいサイズで、重量も約200gと軽く手が疲れにくい設計。

コンパクトサイズなので、外出先や旅行先にも持って行けます。VIOラインなど敏感な部分の使用にもおすすめです。

唯一の家庭用レーザー脱毛器!トリアの5つの特徴

トリアについてより詳しく知ってもらえるように、主な特徴を5つ紹介していきます。

家庭で使えるレーザー脱毛器はトリアだけ

家庭で使用できるレーザー脱毛器で、しかも特許を取得しているのはトリアだけです。医療機関でも使われているダイオードレーザー技術を、家庭でも使えるようにと開発されました。

レーザー脱毛は基本的にクリニックでしか受けられない脱毛法なので、自宅でもそれに劣らない効果を得たいならトリアを使ってみましょう。

厳しい審査を通過!安全性はお墨付き

医療行為であるレーザーを、家庭で使用するときは安全性が気になるでしょう。使用時にトラブルが発生したらと考えると心配ですが、トリアはアメリカの食品医薬品局(FDA)の認可を受けています。

FDAとは、日本の厚生労働省の役割を果たす政府機関であり、製品の安全性と機能性については厳しい審査基準を設けています。FDAの厳しい基準をクリアしているので、安心して使えますね!

男性からの人気が高い

トリアは男性からも人気で、利用者の3割が男性なのだそう。近頃、男性用の脱毛サロンが増えており、男性の脱毛ニーズが高まっています。

毎日お手入れが必要なヒゲにも、トリアは高い脱毛効果を発揮してくれます。しかも、照射口が直径1cmなので、ヒゲの形を整えるなど細かい調整が可能な点もうれしいですね。

ランニングコストがゼロ

トリア購入後のランニングコストはほとんどかかりません。家庭用脱毛器によっては、カートリッジを定期的に交換するなど、本体以外のメンテナンス費用が高くなりがちです。

また、フラッシュやレーザー脱毛では光の影響を避けるため、サングラスや目隠しを使用しますが、トリアは必要ありません。本体を購入してしまえば、その後の費用かからないのでお得です。

ほとんどの部位に使用可能

トリアは基本的に全身に使用可能です。ムダ毛が気になる箇所はほとんど使えるので、全身脱毛に通うよりお得かもしれません。

ただし、部分的に使用できない箇所があることを覚えておきましょう。

事前準備が大切!適した使用頻度と使用の流れ

トリアを使用するときに覚えておきたいのが、使用頻度と使用の流れです。

・使用頻度は2週間に1度がおすすめ

レーザー脱毛はムダ毛の濃い部分に反応するので、毛周期に合わせてケアするとより効果的に脱毛できます。

・準備からアフターケアまでの流れ

ムダ毛を短くしておくとレーザーが毛根に届きやすくなるので、事前にカミソリもしくはシェーバーで剃毛しておきましょう。また、レーザー照射後は使用部位をクールダウンしておくと肌のトラブル防止につながります。

使用前に覚えておきたい照射できない箇所と使用時の注意点

安全にトリアを使うためにも、照射に適さない場所と使用時の注意点を覚えておきましょう。

  • 粘膜部分と色素が濃い部分への使用は不可
  • 日焼けした箇所には使用しない
  • 照射前後の紫外線に注意
  • 清潔な肌に使用すること
  • カミソリはOKワックスや毛抜きの脱毛はNG

上記の点に注意しながら、正しくトリアを使ってください。

ムダ毛の悩みにアプローチ!レーザー脱毛器でツルツル素肌を目指そう!

レーザー脱毛器はムダ毛の原因である毛根を破壊し、強力にムダ毛に働きかけてくれます。
しかも、出力が強いので剛毛にも強みを発揮してくれるのがポイント。

体毛やヒゲが濃い人は、高い脱毛効果を実感できるでしょう。ただし、パワーが高い分、痛みが強く出やすいので、痛みを我慢できる人に適しています。

レーザー式の家庭用脱毛器を探した場合、トリアが安心して使用できる唯一の商品です。アメリカの政府機関から認定を受けている安全性の高い脱毛器なので、高い脱毛効果を期待する人は、試してみましょう。